一括サイトや不動産物件の査定方法を知る

価格を算出する方法はいくつかある

査定は不動産会社によって異なる不動産仲介はたくさん登録されているサイトがオススメ価格を算出する方法はいくつかある

価格を算出する方法はいくつか用意されているので知っておきましょう。
取引事例比較法と呼ばれるものは一番メインになる算出手段です。
これは対象物件と同じ条件の物件が過去に取引されているときに使います。
事例を調べてから算出を行うのですが、時期により環境などが変化したり市場全体の動向が変化するので時点調整を行うのが一般的です。
原価法は売却しようとしている物件を再度建築した場合の価格を算出します。
その後どれくらいの年数により価格が低下するのか、その分の金額を差し引いて物件の価格を出す手段です。
主にマンションや一戸建ての価格を調べると時に使います。
具体的な算出式は対象物件=再調達原価−原価修正です。
収益還元法は主に投資用の物件に使われる手段で、こちらは売却物件を業者が運用したときにどれくらいの収益が出るのかを考慮します。
未来の収益と現在の価値をプラスして算出してくれるのが特徴です。
ちなみに収益還元法は2つの算出法が用意されています。
1つは直接還元法で1年間の利益を還元利回りで割る算出法です。
DCF法は対象物件の保有期間で得られる収益と期間終了時の売却により得られる収益価格を、現在の価値にプラスします。
さらに高い精度で算出できるのが特徴ですが計算法がかなり複雑です。
一般的にオーソドックスな物件価値の算出法ですが、これは取引事例比較法なので査定をするのなら覚えておきましょう。

不動産を査定する方法 / 不動産のプロが解説!不動産の査定方法と知っておくべき全知識 - 不動産売却の教科書